Spongebob Wiki
Advertisement

この記事は主人公キャラクターについて記述されています。 テレビアニメ作品については、スポンジ・ボブをご覧ください。

スポンジボブ・ズボンは四角(まれにスクエアパンツ)は、『スポンジ・ボブ』に登場する主人公キャラクター。彼は、第1話の「バイト募集中」からすべてのエピソードに出演をしている。

概要[]

彼は、元海洋科学の教師、スティーブン・ヒレンバーグによって製作されたキャラクターである。 ヒレンバーグのスポンジ・ボブは、1980年代後半に教育書「潮間帯」のために作成したスポンジ・ボブをベースにしている。

スポンジ・ボブは長方形の海綿である。彼は明るい黄色であり、その黄色の正確な色合いは、Pantoneによってスポンジ・ボブイエローに指定されている[1]。以前のエピソードでは、彼は上部近くで幅が広く、台形のようにさらに下に向かって細くなっていた。しかし、最近のエピソードでは、彼はより規則的な正方形の形をしている。

スポンジ・ボブには、明るいオリーブグリーンの毛穴、各頬に3つのそばかすのあるくぼみ、2つの目立つ前部バック歯のある大きな口、長くてわずかに湾曲した鼻、大きな水色の目がある。さらに、彼の目の色は、独特の、青い海の背景を引き立てるパシフィックブルーのような色合いである。さらに、彼は各目に非常に幅が広​​く、まつげを3つ持っている。これらのまつげは、特にクローズアップ中に、人間に似た多数のまつげであることが示されている。

シリーズではめったに見られないが、彼のスピンオフシリーズ「ザ・パトリック・スター・ショー」や「飛べ、トリおとこ!―失われたエピソード」に見られるように、彼は肌の色に非常に似た薄黄色の髪をしている。しかし、エピソード「トレーニングビデオ」では、彼は代わりに黒い髪を持っていることが示されている。

彼は通常、緋色の赤いネクタイが付いた白いシャツ、白い靴ひもが付いた黒い革の靴、青と赤の縞模様の白い靴下、黒いベルトが付いた茶色の長方形のズボンを着ている。カニカーニで働いている間、彼は制服として小さな青い錨のイラストが描かれた背の高い白い帽子をかぶっている。

スポンジ・ボブは通常、ブリーフを着用して眠りるが、それ以外の場合は、シーズン5緑色のパジャマで寝ている事が多い。しかし、彼は時々、初期のシーズンでより一般的だった彼の衣装全体を着たまま眠る。

さまざまなスピンオフで、彼はわずかに再設計されている。「キャンプ・コーラル: スポンジ・ボブのアンダーイヤーズ」においては彼の衣装は元の衣装とほとんど同じだが、赤い帽子とハンカチ、そして茶色のブーツを履いている。「ザ・パトリック・スター・ショー」では、スポンジ・ボブの頭に少し黄色い髪があり、蝶ネクタイと黒と白のサドルシューズを履いている。

スポンジ・ボブは常にトム・ケニーによって声を出されてきたが、彼の声はシリーズ全体で変わった。彼の声はシーズン1では通常よりも低くなっている。最初の映画の後、彼の声は著しく変化し、他の変化とともにピッチが増加する。シーズン7の後、彼の声のピッチはわずかに減少する。

彼は海綿であるが、ショーの他のキャラクターと同じように、足があり、動くことができる。

キャラクターの概要[]

自宅[]

彼はビキニタウンの124コンチストリートにあるパイナップルハウスにペットのカタツムリのゲイリーと一緒に住んでいる。スポンジ・ボブのパイナップルハウスは、窓とドアが付いたオレンジ色のパイナップルであり、中には家具も配置されている。彼が最初にビキニタウンに引っ越してきた際、彼は多くの異なった家を見た。しかしどれも彼の好みには合わなかった。彼が諦めかけたちょうどその時、滝の上のボートから海にパイナップルが落下し、イカルドの庭であったスペースに着陸した。彼は家を愛し、それを購入した。一方でイカルドは庭を失い、スポンジ・ボブが隣に住み始めたことで悲惨な状態になった。

仕事[]

カニカーニ[]

シリーズの大部分では、スポンジ・ボブはビキニタウンで最も人気のあるレストランであるカニカーニで主に用務員とフライ係として働いている。しかし、時々レジ係とマネージャーの役​​割を果たす。彼はレストランで提供されるすべての料理を作っており、特にカーニバーガーは最も人気のあるメニューとなっている。彼は、カーニバーガーに夢中になっており、複数回にわたり、彼はカーニバーガーを世界で最高の食べ物とした。

スポンジ・ボブは彼の仕事が非常に得意で、数秒でカーニバーガーを作ることができるだけでなく、強い情熱と愛情を持っている。スポンジ・ボブのフライ係としてのスキルは、正確には超人的なものとして説明できる。「バイト募集中」や「今月の頑張ったで賞」などのエピソードでは、彼は毎分数百または数千の速度でカーニバーガーを作っている。彼は、カニカーニで374回連続して今月の頑張ったで賞を受賞している。「親友?それとも敵?」では、スポンジ・ボブが幼児の頃、最初の試みで完璧なカーニバーガーを作ったことが示されている。

仕事好きな彼は、他のどの活動よりも仕事を楽しんでおり、仕事ができないときはいつでも悲しんでいる。彼は第1話の「バイト募集中」で、この仕事に応募し、現在も働いている。スポンジ・ボブは、カニカーニでの彼の仕事に情熱を注いでおり、それを手放すことを固く拒否している。彼は閉店時間をその日の最も悲しい部分とさえ見ている。彼は、「恐怖の深夜勤務」と「カーニバーガー恐怖症」でレストランの24時間営業を喜んで受け入れる。

彼の仕事への情熱は、それから孤立すると、しばしば鬱病と退屈の段階につながり、他の職業にチャンスを与える意欲を妨げる。「休暇なんて大嫌い」では、彼は仕事に戻るための多くの必死の試みをやめ、休暇中に行おうとするすべての活動でカニカーニを思い出させる。

カニカーニ以外の仕事[]

  • スポンジ・ボブは、エピソード「ボクはだれボブ?」でバブルポッピンボーイズから市民を救った後、ニューケルプシティの市長などの他の仕事を引き受けることが示されている。
  • 彼はプリティパティを作成し、彼らのために店を開き、大成功を収めた。その後、塗装された食品は、創造物を賞賛する多くの消費者を毒殺した。
  • 彼はファンシーでも働いたことがある。
  • 「プランクトン店長」ではエサバケツ亭で一時的に雇用されているが、成功した仕事をすることができない。
  • 「スポンジ・ボブが転職!?」では、カー二さんが「小さいやつを手放す」と電話で話すのを聞いてしまったスポンジ・ボブが新たな仕事としてスポンジのCMモデルをした[2]
  • 彼の仕事に対する彼の最も顕著な執着は、「スポンジ・ボブ クビになる」で示されている。スポンジ・ボブは、サンディが新しい仕事を見つけるようにアドバイスするまで治癒できなかった。スポンジ・ボブは4つの店舗でフライ係の仕事をするが、バーガーの形で食べ物を作るために毎回解雇される。

ボート教習所[]

彼はパフ先生のボート教習所に通っている。スポンジ・ボブはパフ先生のボートスクールに通い、そこで彼は教師のパフ先生から教習を受けている。彼は学校のために非常に一生懸命勉強し、ボートの免許の取得を目指している。また、彼は口頭試験のすべての答えを知っている。しかし、実際にボートのハンドルを握ると非常に緊張し、彼はボートを運転する際、無謀に運転してしまう。その結果として、スポンジ・ボブは毎回最終試験に失敗している。「クビになったパフ先生」によると、スポンジ・ボブは試験に1,258,056回も落第しており、学校の歴史の中で試験に失敗した唯一の人物である。

スポンジ・ボブは、ボートを適切に運転することができない。しかし、岩、ロケット船、サンドイッチ車、潜水艦など、さまざまなものを運転/乗車することができる。スポンジ・ボブは、運転の仕方は知っているが、運転中にパニックに陥り、集中できないと主張している。

健康[]

スポンジ・ボブは一般的に人生で幸​​運で健康的であるが、彼はシリーズの中でいくつかの機会に健康上の問題に直面した。ちなみに、彼は無脊椎動物であるため骨がなく、身体的危害の影響を受けない。ただし、これはエピソードによって大きく異なる。スポンジ・ボブは骨を持っているように描かれているため、怪我をする傾向があるが、他のエピソードでは、特に「いじめっ子」彼は何も持っていないので、前述の怪我を受け入れている。

スポンジ・ボブは番組の他のほとんどのキャラクターと同様に、彼は多くの致命的な怪我や臨死体験に直面している。しかし彼はその後、時々医療支援なしですぐに回復する。そのような物はコメディーのために行われ、プロットに影響を与えないため、彼の健康を考慮すると見落とされる。しかし、スポンジ・ボブは、進行中の病状や怪我に何度も直面している。

スポンジ・ボブの健康に関する最初の顕著な例は、「水がない!」で、彼が新しい友人に会った後、そして彼女の家の水量が不十分なために、初めて大気汚染、特にサンディのツリードームに入るところである。パトリックと一緒に最終的に気絶する前に、乾燥していきしわが寄り始めます。その後、彼とパトリックの両方が、サンディの新作である水のヘルメットによって復活した。

スポンジ・ボブの健康への干渉は、「泡」のプロットポイントでもある。「風邪ひきスポンジ・ボブ」では、彼は風邪をひき、毛穴からピンク色の泡をくしゃみをする病気に感染した。彼は誤って冷凍庫を一晩開いたままにして、台所で眠りに落ちたのでそれが起こった。彼は最終的にスポンジ専用の特別な処理を利用して回復をする。

さらに、「サンディの冬眠準備」ではサンディはスポンジ・ボブを極端なスポーツゲームに参加させ、スポンジ・ボブを大幅に傷つけ、その過程で彼の健康に打撃を与える、ますます危険な冒険に連れて行く。さらに、「はじめての冬眠」の最後に、毛皮をはぎ取られたサンディは、スポンジ・ボブとパトリックの体を代わりに使用する。二人は彼女のツリードームにいて、水をまったく供給していないので、彼らは低体温症で死にかける。「お笑いは甘くない」では、スポンジ・ボブはサンディのツリードームに入ると再び低体温症に苦しみ、ホースを提供することで彼女から過剰な水を与えられ、ドームの容量を占めるまで彼を膨らませる。

交友関係[]

イカルド[]

モアイの頭の形をした家に住む彼の隣人であるイカルドは、彼に常に悩まされている。しかし、スポンジ・ボブはこれに気づかず、イカルドは友達であると信じている。イカルドはスポンジ・ボブとパトリックを憎むと主張しているにもかかわらず、彼らはこれに完全に気づいておらず、彼らが彼の親友であると信じている。スポンジ・ボブは、今月の従業員賞を妨害しようとして、イカルドに多くの罠を仕掛けた。「クセになる味」では、スポンジ・ボブがイカルドに手錠をかけ、カーニバーガーを食べさせた。

スポンジ・ボブとパトリックの事を嫌っており、二人の嫌悪感は隣人のイカルドに絶えず迷惑をかけ、彼は彼らの行動の結果として繰り返し危害を加えられてきた。このため、彼は何度も離れようとしたが、いつも戻ってくる。イカルドは通常、特にスポンジ・ボブを嫌うことが示されているが、イカルドは、スポンジ・ボブの事が好きだと「恐怖の深夜勤務」や「タイムマシーン」など複数のエピソードでほのめかされている。

パトリック[]

イカルドの家の横には、スポンジ・ボブの親友である岩の下に住むパトリックの家がある。スポンジ・ボブは、仕事をしていない間、親友のパトリックと遊ぶことに多くの時間を費やしている。

彼は親友のパトリックと一緒に過ごすのが大好きである。スポンジ・ボブとパトリックの趣味には、クラゲ釣り、泡吹き、その他さまざまなものがある。

サンディ・チークス[]

スポンジ・ボブの親友の1人は、水中で生き残るために特別なスーツとヘルメットを身に着けているサンディ・チークスである。スポンジ・ボブが最初にサンディに会ったとき、彼女はスポンジ・ボブを空気で満たされた彼女のツリードームに招待した。スポンジ・ボブは空気が何であるかを知らずに受け入れた。スポンジ・ボブとパトリックは、水を吸う必要性に気づいた後、サンディから頭に水をかけられた。その後はツリードームを訪れるたびに水を入れたヘルメットを着用している。

サンディはスポンジ・ボブと親友でスポーツ、特に空手をすることを楽しんでいる。空手でのスポンジ・ボブのスキルはかなり変化することが示されている。例えば「空手大好き」においては彼はサンディに匹敵し、さらにはそれを上回っている。しかし、他のほとんどの場合、彼は非常に弱く、サンディは1回のパンチでかなりの距離を飛ばされてしまう。「カラテ・アイランド」においては、サンディは自身の空手スキルがスポンジ・ボブより「カントリーマイル」優れていると公然と述べている。

パール[]

スポンジ・ボブのもう一人の友達は、クジラのパールである。「威張り屋 パール」によると、彼女は彼が「スタイルに溢れている」、「ファッションをにじみ出させている」、そして最も重要なことに「素晴らしい仲間だ」と考えている。

パールは「スポンジ・ボブのエスコート」でスポンジ・ボブとプロムナードに行く。「グローブのトンネル」では、パールのクラスメートがスポンジ・ボブを彼女のボーイフレンドだと思っていることが明らかになり、スポンジ・ボブは「まあ、僕は男の子で、僕は彼女の友達です」と言ってうっかりサポートしいる。その後、2人は一緒にグローブのトンネルに乗る。

性格[]

スポンジ・ボブは、楽しくて、活動的で、無知で、子供っぽい海綿で、ハイテンションで、おっちょこちょいで、幸運な性格を持っている。このように描かれているにもかかわらず、彼は比較的頭が良く、何が正しいかを知っている。たとえば、パフ先生が教師であるため、パフ先生を「大きくて太った、意地悪な人」と呼ぶ絵を描かないように怒ってパトリックに言った例である。しかし、彼は時々カーニプランクトンを一緒に働かせようとするときに彼の邪悪な側面を示す。

また、スポンジ・ボブはとても親切で無邪気である。彼は非常に無私無欲で忠実な人であり、特に彼の近くにいる人に対してはそうである。彼の無私無欲な性格は、彼が友人を助けるために彼の「完璧な日」を犠牲にする「ボクのベスト・デー」で最も顕著に示されている。彼の善意にもかかわらず、スポンジ・ボブの行動はしばしば彼の周りの人々、特に彼の隣人であるイカルドに迷惑をかけ、問題を引き起こす。

スポンジ・ボブは簡単に怖がる可能性があり、通常は怖がるとパニックになる。彼は、暗闇とピエロを特に怖がる。また、彼はホットソースも嫌いである。時折、スポンジ・ボブは無知すぎて差し迫った危険に気付かず、彼の非現実的な思考は自分自身や他の人を危険にさらす可能性がある。彼はまた、主に彼の素朴な性質のために、他のキャラクターほど簡単に嘘や悪意を検出することはできない。「ゲイリーの相棒」ではゲイリーが食べられそうになった時、スポンジ・ボブは何の行動も起こさず、代わりにゲイリーが嫌がらせをしたと非難した。

スポンジ・ボブはまた、カーニに感銘を与え、カニカーニとカーニバーガーの秘密のレシピをあらゆる犠牲を払って保護する必要性を感じている。「ボクは警察官」では、スポンジ・ボブとカーニが秘密のレシピを取得することを期待して警察官になった。

彼はまた、彼の無謀な運転にもかかわらず、彼のボートの先生、パフ先生に感銘を与えるのが好きである。「運転は難しい〜!」のプロットポイントは、スポンジ・ボブが安全に運転できないために運転免許試験に失敗したことである。彼の貧弱な運転スキルにより、彼は歩行者を乗り越え、車線をすばやく切り替え、歩道を運転し、建物や財産に衝突し、乗客に危害を加えた。そして最後に彼の車に損害を与える。彼が引き起こすすべての損害にもかかわらず、スポンジ・ボブは彼の危険な運転のために逮捕されたり起訴されたりすることは無かった。代わりに、パフ夫人は当局が彼を教育することに失敗しているとして逮捕される。

スポンジ・ボブとパトリックは、彼の同意なしにイカルドの家に入る傾向が頻繁にある。さらに、「はじめての冬眠」では、彼とパトリックは冬の間、ドアの「立ち入り禁止」の標識をほとんど気にせずに、サンディのツリードームに侵入する。

他の人を感動させ、彼の目標を達成したいというスポンジ・ボブの性格特性は、彼に歴史を持たせることにつながる必要があります。しかし、彼の素朴さと騙されやすさのために、これらの犯罪の多くは、意図せずに、または他の人、主にイカルド、プランクトン、カレン、またはカーニの操作によって犯される。彼は合計7回逮捕された。「逃亡者はつらいよ」で風船を盗んだため、 「パフ先生の夢」で銀行を奪おうとしたため、 「 ホームパーティは最高」で警察をパーティーに招待できなかったため、「58回目の運転免許試験」でパトリックの運転免許証を散らかし、「クラゲ畑を取り戻せ!」で免許なしでシタールを演奏した。「シャボンタウン」で大衆の騒動を非難し、同じ名前のエピソードでシャボンタウンの大部分を意図せずに恐怖に陥れた。

スポンジ・ボブの無実はまた、彼を過度に信頼し、非常に騙されやすく

  • 「シークレットボックス」では、パトリックの箱を盗もうとした。
  • 「私はクール」ではカーニと共にカーニの母の下着を盗もうとした。(※後にこのエピソードは子供向けでないとされ、削除された。)
  • 「パフ先生の夢」ではスポンジ・ボブとパトリックが地元の銀行の受付係にすべてのお金を渡すように強制する。これは、パフ先生を逮捕して刑務所から解放するために行われた。
  • 「スポンジ・ボブのクラス委員?」では、スポンジ・ボブは夫婦の家の窓に入り、ホールモニターの任務中に彼らを邪魔する。
  • 「ナゾの生き物 スメリー」では、ポンジボブとパトリックは夜に動物園に侵入し、ケージから「臭い」を解放する。
  • 「金庫の中のカーニさん」では、彼とパトリックは夜に地元の銀行に侵入し、クラブス氏を安全な金庫室から解放する。
  • 「がんばれゲイリー」では、では、スポンジ・ボブが次のカタツムリレースのためにゲイリーを過剰に行使する。これはゲイリーに極度の不快感を引き起こし、最終的には結果として生じる。ゲイリーはフィニッシュラインに向かう途中で倒れたが、スポンジ・ボブは最終的に彼のやり方が誤っていたことに気が付く。
  • 「ボクらはヒーロー!」では、彼とパトリックはそれぞれマーメイドマンとバーナクルボーイに扮して、ガムを噛みすぎたり、年を取りすぎたりするなど、犯罪とは見なされない行動で市民を逮捕した。
  • 「クラゲ畑を取り戻せ!」ではスポンジ・ボブとパトリックが政府が認可した道路の建設に抵抗し、町の残りの人々が歌を通して彼らの抗議に参加することを奨励した。警察は結局、少年たちが政府の権威に反抗していることに気づき、どこにも行かずに彼らを投獄しました。しかし、スポンジ・ボブの側では、彼の容疑は免許なしでシタールを演奏したことであった。

能力と才能[]

スポンジ・ボブは、シリーズ全体で数多くの並外れた能力と属性を持っていることが示されている。

  • 吸収性:スポンジであるため、吸収性があり、液体を吸収することで体を拡張することができる。
  • 骨なし:海綿は無脊椎動物であるため、スポンジ・ボブは通常骨なしであることが示されている。しかし、「外は危険がいっぱい」などの一部のエピソードでは、彼のX線写真に骨が表示されている。「スポンジ・ボブとアトランティス、行きたいんデス」や「トゲを抜いて!」で肌がはぎ取られたときも骨がある。
  • シャボン玉:スポンジ・ボブはシャボン玉で並外れた動きをすることができる。特に「シャボン玉」のエピソードではそれが顕著に示されている。クラゲ取りとともに彼とパトリックのお気に入りの趣味と考えられている。
  • 破壊:スポンジ・ボブは破壊にある程度の才能がありますが、ほとんどの場合、彼は騙されて無謀な性格のためにこれを非自発的に実行したことを示している。
  • 料理の創造性:彼は、様々なエピソードにおいて様々な種類のカーニバーガーを考え出した。
  • 運転(ボート以外):彼は特定の物体を完璧に運転できるが、パフ先生のボート教習所でボートを運転するとき、彼は緊張してしまい、上手く運転をすることができない。
  • クラゲ:いくつかのエピソードでスポンジ・ボブとパトリックはクラゲ畑でクラゲを一匹一匹捕まえる。特に「クラゲハンター」のエピソードで顕著に示されている。
  • 空手:彼はサンディと一緒に空手のために訓練し、「空手大好き」では彼女と非常に均等に戦えている。
  • 手足の範囲:このシリーズのほとんどのキャラクターと同様に、スポンジ・ボブは体を異常な程度まで伸ばすことができる。
  • 再生:これは本物のスポンジにとって自然なことであるため、彼は怪我をしたり取り除いたりした体の部分をすばやく再生できることが示されている。彼はまた、「どっちがえらい?」で示されているように自分自身のクローンを作成し、繁殖することができる。
  • 強化された反射神経:スポンジ・ボブは、稲妻よりも速い反射神経を備えており、危険に即座に対応することができる。したがって、スポンジ・ボブは、レーザー、矢、衝撃波、弾丸、さらには稲妻など、高速で移動する発射体や敵の攻撃をかわして反応することができる。さらに、スポンジ・ボブの鋭い反射神経により、彼は視野外の攻撃に反応することができる。
  • スタミナと持久力:バトル・フロア・ビキニタウンなどのゲームではスポンジ・ボブは非常に高いスタミナを示しており、疲労の兆候なしに数時間、彼の最高のパフォーマンスを発揮することができる。スポンジ・ボブは非常に耐久性があり、彼の柔らかくて柔軟な体型のために、生命を脅かす状況を何度も乗り越えてきた。彼は複数の交通事故を乗り越え、プランクトンのロボットからあらゆる角度からクロスファイアに巻き込まれ、建物の崩壊の力に耐え、超強力な敵に襲われた。さらに、スポンジ・ボブは、核爆発の力に耐え、極端な高さからの落下による衝撃に何度も耐えてきた。して火や電気に打たれ、氷に凍らせられたりもしたが、耐えてきた。
  • 超高速:クイックスターとして、彼は非常に速く動くことができる。「わるいことば」において、カーニに話しかけようとしているときは、パトリックよりも速く走ることができた。「デリバリーピザ」においてはイカルドよりも早く走れていた。
  • リーダーシップ:スポンジ・ボブは、ビキニタウンにいる彼のすべての友人にとって素晴らしい自然のリーダーである。
  • テレポート:スポンジ・ボブはさまざまなエピソードでテレポートすることができる。「海賊船の秘宝」では鬼ごっこでパトリックを追いかけているパトリックはスポンジ・ボブを反対方向に振り返っている。彼は泡に乗ってカニカーニにテレポートすることができた。
  • 浮揚:スポンジ・ボブは無限に浮揚することができる。
  • 歌と鼻の演奏:スポンジ・ボブは素晴らしい歌声を持っていることが示されている。彼は彼の鼻をフルートとして使用し、その中で彼は非常に才能がある。スポンジ・ボブは「イカルド楽団」において、リードシンガーを務めた。「ボクのベスト・デー」鼻笛を使って、カニカーニの線虫から逃げ出した。彼の鼻笛は、特にスポンジボブ・スクエアパンツのテーマソングの締めくくりとして演奏されている。
  • 口笛を吹く:彼は彼の前歯の隙間のために口笛を吹くことができる。これは特に「すき間が大事」のエピソードにおいて示されている。

弱点[]

  • 体力の欠如:彼の生理機能のために、スポンジ・ボブの自然な体力は平均を下回っている。彼の手はやせ衰えた状態で、まるで皮膚と骨だけであるかのように描かれている。とはいえ、スポンジ・ボブは、エピソードの作者に依存する彼の腕前で、彼が通常は強い意志の力で持つことができない強さを構築することができる。
  • 戦闘: 「空手大好き」と「ドラゴン対スポンジ騎士」 の他に、スポンジ・ボブは戦闘が非常に苦手である。
  • だまされやすさ:スポンジ・ボブのだまされやすい性格は、彼を利益のために使用する他の人を操作したり、無意識のうちに他の人を肉体的および感情的に傷つけたりする傾向がある。
  • 臆病者:スポンジ・ボブはしばしば自分自身のために立ち上がる意志力を欠いている。「プランクトンの叫び」においてプランクトンはそれについて指摘をした。
  • 運転(ボートモービル):彼はいつも建物に衝突したり、ボートで人にぶつかったりするため、運転が苦手である。

家族[]

スポンジ・ボブには多くの親戚がいて、特に彼の両親はいくつかのエピソードに登場する。

反響[]

スポンジボブ・スクエアパンツの実行中、タイトルキャラクターは子供と大人の両方に非常に人気があり、ニコロデオンの非公式マスコットになった。キャラクターの人気は、ニコロデオンの元々の2歳から11歳の人口統計から、大学のキャンパスやシガニーウィーバーやブルースウィリスなどの有名人を含む10代の若者や大人にまで広がっている。

脚注[]

外部リンク[]

Advertisement