Spongebob Wiki
Advertisement

イカルド・テンタクルズ (Squidward Tentacles、1977年10月9日生まれ) は、スポンジ・ボブに登場するキャラクター。

概要[]

イカルドは、触手の端に紫色の吸盤が付いたタコである。イカルドの名前には「イカ」という言葉が含まれているが、彼はイカではなくタコである[1]。彼はタコの特徴を持っており、イカルドは丸い球根状の頭と長方形の瞳孔を持っている。一方、イカは長い三角形の頭と円形の目を持っている。

イカルドには大きな頭蓋があり、その上に8つの斑点がある。彼はまた、鼻声、細い体、大きな垂れ下がった鼻、広い口、そして長方形の栗色の菖蒲を伴う黄色い目を持っている。彼が笑うと、彼の鼻は収縮と膨張を繰り返しているように見える。また、彼は茶色のポロTシャツを着ている。

シリーズのアニメーターは、彼に8本の手足を与えるのは負担が大きすぎてアニメートするのが難しいと考え2本の腕と4本の脚、計6本の手足を描いた。

イカルドは通常禿げていますが、彼の自然な髪の色は金髪である。「伝説のフライ係」」では、イカルドは若い頃は長い金色の髪をしていたことが示されているが、ジムがカニカーニを去った後、彼はそれをすべて失なった。

彼の色はシリーズを通してわずかに変わった。彼は以前のエピソードで彼の体の色はPMS 332であることが示されていたが、後のエピソードではPMS 333に変更された。

「カニカーニの掲示板」においてはイカルドの右腕に赤いバラのタトゥーが入っていることが示されている。

さまざまなスピンオフメディアで、彼はわずかに再設計されている。「キャンプ・コーラル: スポンジ・ボブのアンダーイヤーズ」では彼はオリジナルとほとんど同じように見えるが、赤い帽子と赤いハンカチを着用している。「ザ・パトリック・スター・ショー」では彼の鼻には3つのにきびがあり、シャツの襟と袖は黄色である。

キャラクター概要[]

自宅[]

スポンジ・ボブとパトリックの家の間にあるモアイの頭の形をした家住んでいる。住所はビキニタウンの122コンチストリートである。

仕事[]

スポンジ・ボブと共にレストラン「カニカーニ」で働いている。カニカーニではレジ係及びウェイターとして働いており、スポンジ・ボブの仕事仲間であり、同僚である。

スポンジ・ボブとは違い彼はこの仕事が嫌いであり、好んでいない。彼はカニカーニでの仕事が嫌いで、仕事をする代わりに寝たり本を読んだりしているのがよく見られる。彼がカニカーニにいるとき、彼は怠惰で、ずさんで、やや無能な従業員であり、レストランとその経営を強く嫌っている。これは、エピソード「トレーニングビデオ」で最もよく示されている。

スポンジ・ボブが居ない時はイカルドがフライ係を担当する場合が多い。そのエピソードの際、彼は自分が無能な揚げ物料理人であることを示し、しばしば料理する代わりに食べ物を燃やし、消費者の健康に影響を与える。これは、「カーニバーガーの作り方」、「つり針あそび」、「スポンジ・ボブの長ズボン」などで示されている。「エサバケツ亭が大繁盛」では、イカルドはエサの調理時間を短縮し、生焼けのエサを提供したため、顧客はお腹をこわした。彼が気にかけたのは、実際の調理結果ではなく、名声だけだったからである。「カニカーニで事故発生!」では彼は彼の怪我を偽造し、同情を求めて働かない言い訳をするという唯一の目的のためにクラブス氏に嘘をつく。これは、「病気になっちゃった!」で再び起こる。そこで彼は、休日を過ごすために同名の病​​気を持っていることについてクラブス氏に嘘をつく。

しかし、彼の仕事に対する憎しみとそれを持っていることからの絶え間ない虐待と不幸にもかかわらず、彼はめったに辞めず、より良い雇用を探すことを決して考えない。

趣味[]

彼は傲慢な芸術家であり音楽家であり、彼の好きな趣味は自画像を描いたりクラリネットを演奏したりすることである。イカルドは一般的に全体的な失敗として描かれている。芸術の熱心な後援者であるイカルドは、解釈的なダンス、彫刻、絵画、クラリネットの演奏に強い愛情を持っている。

音楽[]

クラリネットでの彼の音楽的スキルは、平凡なものから耐え難いほど恐ろしいものまで、一般的に標準以下として描かれている。「クラリネット騒音事件」では、イカルドの悲惨なクラリネット演奏が町中に大規模な騒音騒動を引き起こし、当局の到着を促している。ただし、「シャボン玉」や「スポンジ・ボブのワールドツアー♪」など、彼が上手にプレイする例外は数多くある。「クリスマスってだれ?」の終わりに、彼はスポンジ・ボブが彼のために彫った木製のクラリネットをなんとか上手く吹けた。「オイラはパトリシア」では、彼はなんとか「パトリシア」を懇願するために素晴らしい曲を演奏することができた。

彼の才能の欠如は、彼が子供の頃からあり、「無くし物置き場」では、イカルドが小学校の頃カズーの演奏者であり、クラスメートが彼の音楽を非常に悪く感じたため、全員が走ったことがフラッシュバックで明らかになった。カルドは楽器の演奏に優れていると考えていたにもかかわらず、学校を卒業した。

「ドラゴン対スポンジ騎士団」の中で、イカルドの中世の祖先は、クラリネットを正しく演奏することを学ぶことができなければ、7番目の曾孫が10倍呪われると誓った。

芸術[]

彼の全体的な芸術スタイルは抽象的で過度に洗練されていることが示されている。彼の失敗は、純粋な才能の欠如ではなく、彼の悪い味と傲慢さによるものであることが示されている。彼の芸術全体は彼自身に集中しており、明らかに彼の存在そのものが芸術的な驚異であり、他のものを描くことさえ考えていないようである。このため、彼は芸術家の失敗であると描写されている。

彫刻から絵画まで、彼のすべてのアートワークは、彼の顔を含むように既存の作品を塗り直しさえして、ある意味で彼自身を描いている。彼は彼の家中ずっとその芸術で身を包み、彼のナルシシストの傾向をはっきりと示している。これらの芸術は時々パトリックとスポンジボブによって大いに賞賛されました、しかし他のビキニボトムによって普遍的に嫌われている。

彼は彼が望む名声に到達するためにいくつかのことを試みました:タレントショーを主催すること、彼の占星術のスピンオフを始めること、バンドを結成することなど、それでも彼は多くのファンを獲得することができていない。

経歴[]

子供の頃、彼は多くの人に友達として知られていないので、昼食時にはいつもゴミ箱の近くに座らなければなかった。10代の頃、彼はバンドのクラスメートであるイカリム・ファーシソンとライバルであった。

子供の頃、彼はキャンプコーラルに行き、スポンジ・ボブとパトリック、サンディに出会った。1年後、彼はキャンプの軍隊のリーダーになり、友人に対する権威の人物になった。その間、彼はお金に夢中になり、元海軍のメンバーであるカーニに出会った。

ある日、彼はジムと一緒にカニカーニの一員になった。ジムが辞めた日、イカルドは彼と話し、すぐに長い金色の髪を失なった。

その後、彼は以前のキャンプ仲間のスポンジ・ボブとパトリックの隣人になる。ある時、イカルドはイカイカパラダイスというイカルドと同じようなタコが多く住む町へ引っ越した。そこは、イカルドの趣味と人生観を共有する仲間や他のタコでいっぱいの町であった。ここで、彼は彼の望むライフスタイルがどれほど退屈で抑圧的であるかに直面することを余儀なくされた。そして彼はスポンジ・ボブたちがいない暮らしが寂しくなり、スポンジ・ボブのような行動を取り始める[2]。最終的に彼はそこから抜け出した。

交友関係[]

スポンジ・ボブ[]

スポンジボブは、イカルドが最も交流するキャラクターであり、他のキャラクターよりも嫌いなキャラクターでもあり、多くの場合、彼を絶対に避けようとする。イカルドはスポンジ・ボブの大声で陽気な行動にしばしば悩まされているが、彼は時々スポンジ・ボブに固執し、彼を友達と見なす。

イカルドが、スポンジ・ボブの存在を大いに嫌う主な理由は、スポンジ・ボブがイカルドに対して非常に迷惑になる可能性があるためであるが、スポンジ・ボブはこれに気付いていないため、彼を苛立たせ続けている。「スポンジ・ボブの真実」では、スポンジボブのパイナップルの家がイカルドの古い庭に着陸し、スポンジボブが引っ越したとき、スポンジ・ボブがイカルドを憎むために何もしなかったにもかかわらず、イカルドは彼に憤慨し始めた。

イカルドとスポンジ・ボブの性格は正反対であり、スポンジ・ボブが彼に悪いことを何もしていないときにイカルドが彼を嫌う理由のようである。それらの関係はやや複雑である。スポンジ・ボブはイカルドを彼の親友の一人と見なしているが、これはほとんど一方的なものである。イカルドは時々彼に同情を示す。これは、「デリバリーピザ」、「死因はパイ!?」、「クリスマスって誰?」などのエピソードで見られる。

カーニ[]

イカルドはカーニを軽蔑し、彼に対してほとんど寛容ではない。スポンジ・ボブとは異なり、イカルドはカーニの貪欲で安価な性質をはるかに認識している。カーニはまた、イカルドについて非常に低く考えており、彼の怠惰な傾向にうんざりしており、時には彼を大切な従業員と見なしているものの、彼を事故のせいにすることがよくある。イカルドがカーニを怒って叱ったことがある。「生まれ変わったカーニさん」では彼はスポンジ・ボブの魂をポケットチェンジのために売ったことでカーニを猛烈に非難した。「楽しい釣り旅行」では彼は彼らを釣り旅行に連れて行ったことでクラブスに腹を立て、彼らを1ドル以上ボートにとどまらせたことで彼を怒らせた。彼はまた、イカルドが怒って猛烈に仕事を辞めたときのように、クラブス氏が彼に何かを非難したときに憤慨する。

パトリック[]

シリーズを通して、イカルドはパトリックに対してかなりの嫌悪感を持っていることが示されている。カーニと同様に、この憎しみは全体的に後のシーズンに悪化したようである。「イカルドに近づくな」ではイカルドはパトリックにストーカーをし、愚かな質問をし、クラリネットを使ってバスルームを掃除するときに非常にイライラする。

一般に、それらの関係は厄介である。スポンジ・ボブとは異なり、パトリックはイカルドの悪意に頻繁に気づき、彼とより矛盾する傾向がある。その見返りとして、イカルドはスポンジ・ボブよりもパトリックにとって失礼で無礼である。いくつかのエピソードでは、両者の違いのために、2人は互いに戦っている。ただし、イカルドは、スポンジ・ボブよりもパトリックに耐えられるとほのめかすことがある。

イカルドはパトリックに対して大きな憎しみを抱いているが、スポンジ・ボブが近所に到着する前は彼を気にしていないようであった。「スポンジ・ボブの真実」に示されているように、イカルドはビキニタウンで幸せな生活を送り、スポンジ・ボブが動いた後、苦くて欲求不満になっただけで、カニカーニでの仕事を楽しんだ。さらに、「パトリックの帽子なし」では、パトリックがプラットフォームからウニのバケツに押し出そうとする前に、パトリックがスポンジ・ボブであることを望み、パトリックを大いに嫌っていても、スポンジ・ボブをはるかに嫌っていることを示唆している。

プランクトン[]

イカルドは通常カーニバーガーの秘密のレシピを気にしないため、イカルドはプランクトンと相互作用しない。彼らが相互作用するとき、彼らは通常お互いを嫌う。しかし、「クラリネット騒音事件」や「エサバケツ亭が大繁盛」などでは最終的には敵のままであるが、彼らはチームを組んでいる。

ゲイリー[]

ゲイリーとイカルドは複雑な関係にある。ゲイリーはイカルドを悩ませるが、ゲイリーはイカルドをジャークだと考えている。しかし、「ゲイリーの病気」に見られるように、イカルドはゲイリーに感情を持っているようである。そして、彼らは時々、スポンジ・ボブの厄介な嫌悪感について、イカルドがかつて「ああ、それについて教えてください!」と答えたのと同じ意見を共有しているようである。

サンディ[]

イカルドとサンディは通常、お互いに話さないが、「体がくっついた!」では彼女はイカルドとスポンジ・ボブをくっつけた後に変形させ、イカルドはサンディにそれらを分離するように頼む。サンディは、イカルドが問題を抱えていないように見える数少ないキャラクターの1人であるが、「イカルドの護身術」での自己防衛ではなく、復讐のために空手で不気味なクローラーを最近攻撃した場合など、イカルドが耐えられないことがあるようである。

「パトリック・ゲーム」においてサンディはイカルドがゲームを辞めようとしていたとき、怒って彼を叱って戻ってきたので、少し荒れる可能性がある。「スポーツって何?」でサンディは「スポンジ・ボブとパトリックに危険なスポーツをして怪我をさせ、彼らを止めさせなかった」と怒った。

イカビア[]

イカビアは「恋するイカルド」で登場したイカルドのガールフレンドである。エピソードでは、イカビアがカニカーニを訪問し、イカルドは彼女に恋をし、彼女の周りで緊張するので、スポンジ・ボブは彼のウィングマンとして行動する必要がある。スポンジ・ボブは、イカルドが彼女を好きで、なんとかイカルドとデートすることができたとイカビアに話します。しかし、イカルドは何年もデートをしていないので、デートをする準備ができていません。したがって、スポンジ・ボブは、彼のガールフレンドのふりをして、シミュレートされたデートに行くことによって、デートで行動する方法をイカルドに教える。

イカルドがもうそれを受け入れることができなくなった後、彼はスポンジ・ボブに怒鳴る。しかし、彼はイカビアが彼らのデートのために到着したことに気づいていない。その後、イカルドはスポンジボブに怒鳴ったので、彼女は彼と一緒に出かけないと思う。しかし、彼女は「間抜けな友達をいじめる人って素敵」と彼女は感激し、その後2人はデートに行く。

彼女はマイナーなキャラクターであったので、2人の関係は終わったと見なされる[3]

イカリム[]

イカルドのライバルはイカリムである。彼は高校のバンドクラスで最初に会った。彼は番組の他のすべてのタコと同じように、イカルドと同じように見え行動するが、ローブを着て一本眉をしている。ただし、イカルドとは異なり、イカリムは、イカルドが失敗したすべての点で非常に成功しており、多くのファンを愛する裕福な有名人アーティストになるというイカルドの夢を生きている。通常、多くのファンが彼にはいる。

イカリムのデビューエピソード「イカルド楽団」で彼は自宅でイカルドに電話し、彼のバンドはバブルボウルでプレーするように署名されているが来られないと言って、もう一度彼の成功を顔にこすりつけ、皮肉にも彼の「バンド」に彼らをカバーするように頼む。イカルドは、その瞬間に捕らえられ、バンドを持っていて、バブルボウルで演奏する予定であると主張し、ビキニボトムの住民からのバンドをまとめることを余儀なくされた。スポンジ・ボブのおかげで、彼らのパフォーマンスは、イカリムよりもはるかに優れていることがわかりった。 イカルドはこれまで予想していた可能性があり、心臓発作を起こした。

性格[]

彼は非常に冷笑的で、頑固で、不機嫌で、無関心で、利己的である。彼は世界を非常に否定的な見方で見ているので、笑顔で誰かに挨拶することはめったに見られない。彼の気性にもかかわらず、彼はまだ最も知的で教育を受けたキャラクターの一人である。彼は冷笑的な態度と壮大な自己意識を持っている。イカルドは自分自身を誤解され、評価されておらず、彼の失敗を社会のせいにしていると考えている。

彼は名声を追求することにうっとうしいほど大げさであり、才能と創造性を見つけることを望まないか、または見つけることができず、それを軽視することさえある。「これがゲイジュツ」では、スポンジ・ボブが芸術的な天才を持っていることが痛々しいほど明らかである場合でも、彼の生徒であるスポンジ・ボブは「彼の方法を示す」と主張している。「シャボン玉」では、スポンジ・ボブのシャボン玉を吹くのを軽蔑している。

イカルドはまた、彼よりも芸術的または才能のある人々に嫉妬している。例えばパトリック、カーニ、イカリムなどである。「ダンス大会」では、イカルドはスポンジ・ボブの体に隠れ、スポンジ・ボブの身体的アイデンティティと才能を使ってトロフィーを獲得することで、ダンスショー中に不正行為をする。彼は裁判官から批判された後、ダンストロフィーを盗もうとしたが、警備員によって投げ出された。「ニセ教授の災難」では、警察に逮捕される前に、音楽教師としての力を発揮しながら、イカリム・ファーシソンになりすました。「ボクらの家が買われちゃった」でイカルドは、スポンジ・ボブとパトリックがニックフィッシュ・キンスが彼らの家を購入したと思っていることを知った後、イカルドは、14人の家族がスポンジボブのパイナップルに移動し、いくつかの楽器を備えた8人のロックバンドがパトリックの岩に移動したと嘘をつく。スポンジ・ボブとパトリックが来るとき彼らの古い家に、彼は彼が作ったキャラクターと一致するように衣装を着る。

イカルドがほとんどの点で敗者として描かれていることを考えると、彼のナルシシズムは、彼が何らかの形の自尊心を持っているかのように感じさせる防衛機制である可能性がある。外見上、彼はささやかな成功の兆候を示している。彼は、怠惰な兆候のない、大きくて手入れの行き届いた家に住んでおり、活発で関与した生活を送るための十分な時間を見つけている。

イカルドは十分な教育を受けており、彼の歴史を知っている。彼は頭が良く、特にスポンジ・ボブやパトリックと比べて、世俗的な知識がたくさんある。イカルドは、従来の自転車、ボート、車、さらにはトラクターまで、事実上すべてを運転できるため、熟練したドライバーでもある。

結局のところ、イカルドがしばしば傲慢で気性が悪い理由の1つ、特に彼がほとんどの人に失礼で憎しみがあるという事実は、スポンジボブとパトリックの大声で苛立たしい行動に我慢しなければならないことである。彼の傲慢さや不注意の結果として、彼の計画は彼に裏目に出ることがある。

不機嫌そうな性格にもかかわらず、イカルドは思いやりのある心を深く持っており、彼の計画が彼が嘲笑した人々に害または感情的な苦痛を引き起こしたことに気付いたとき、彼は自分のやり方の誤りにすぐに気づき、できる限りそれを補う。

脚注[]

外部リンク[]

Advertisement